陶ボタンのできるまで


陶ボタンは陶器ですので、陶器とほぼ同じ過程で作られます。
ここに大まかな制作過程をご紹介します。


 

成形

まず陶芸用の土をよく捏ねます。次に捏ねた粘土を麺棒で伸ばし、「タタラ」と呼ばれるシート状にします。次に、抜き型で一個づつ抜きとっていきます。石膏などで「型」をとる方法もありますが、それだと全部のボタンが同一の形になるため、陶ボタンひとつひとつに手作りの表情を持たせたいのもあり、Atelier Linkではこの方法で作っています。抜きとったものにボタン穴を空けて、大まかなボタンの形になります。


 

削り

抜き型で抜いたボタンには「バリ」がついていて、これを削り落とす必要があります。また成形の段階ではやや厚めにつくられています。そのため、抜き型で抜いたボタンを削りにかけます。陶芸の場合は陶芸用の鉋(カンナ)で削りますが、陶ボタンは小さいため、紙ヤスリやサンドスポンジで削ります。こうしてボタン穴にも通りやすい薄さに整えていきます。

土を乾燥しただけのこの段階のボタンは、使用する土にもよりますが、とても脆くて、ちょっとしたことで割れてしまいます。注意深く優しく扱う必要があります。またこの削りの作業は、削った土の粉塵が大量に舞うため、防塵マスクが必需品となります。「粉まみれ」になりながらの作業ですが、陶ボタンの形を決める肝心なプロセスです。


 

素焼き

削り終わったボタンは700から800度の温度で「素焼き」にかけます。


 

釉掛け

素焼きを終えたボタンに釉薬を掛けますが、その前にボタンの裏側に撥水剤を塗ります。陶ボタンの裏側は陶器の茶碗の「高台」と同じで、窯の中で棚板の上に置いて焼くため、溶けた釉薬が棚板にくっつかないようにする必要があります。そのために撥水剤を塗って、それでもとれない釉薬はスポンジなどでよく拭き取ります。

陶ボタンが陶器の器と大きく違うところは、「ボタン穴」が空いていることです。釉薬によっては、この穴から釉薬が流れ落ちることは避けられません。ボタン穴から釉薬が流れ落ちると、穴が塞がったり、溶けた釉薬が穴から流れ落ちて、棚板とくっついてしまいます。できるだけ、それを避けるためボタン穴の周囲の釉薬を「面取り」する作業が欠かせません。それでもボタン穴が空いている限り釉薬が流れ落ちることを完全に避けることはできません。何個かに一個は穴が塞がってしまったり、棚板にくっつきますが、無事にこのプロセスを通り抜けたボタンが陶ボタンとなります。


本焼き

釉掛けしたボタンは、1100℃から1300℃の高温で焼成します。この温度の上げ方と冷却の仕方(焼成カーブ)は釉薬によって変えていきます。また、同じ土と釉薬の組み合わせでも、焼成カーブを変えることによって、まったく違った焼き上がりの陶ボタンになりますので、焼成カーブも陶ボタンの表情を決める大きな要素になります。